日本の新聞・雑誌の購読と購入

日本の新聞を世界各地に届けるため日本新聞社の力を合わせて共通のロジスティクスを実現するという考えが1957年に生まれたから専用の新聞・雑誌の購読部が設立されました。
OCSは世界約200ヶ国で約270ヶ所の拠点を置いて、発行同日に日本で印刷されている新聞の配達できるようになりました。
ふるさとについての情報のおかげで海外各地にお住まいの方はお互いに近づいてきました。それなのに、重要な部分がまだが欠けました。そのためJSTV(日本語衛星放送)デコーダーの配送部が設立されました。
日本の新聞・雑誌・書籍とデコーダーカードのロジスティクスはずっと発達しています。