Fragment pojazdu z etykietą ADR

危険物の輸送

危険物とは、危険を及ぼす可能性がある性質・特質がある品物です。そんな特質に輸送の安全性を脅かされることを防ぐために、適切な対策を講じる必要があります。危険物の定義に該当する品物とは、酸や爆発物や毒薬など文字通りに危険のある物だけではなく、磁石や冷却ガスや洗剤やエーロゾルなど日常生活にて使用されているグッズも多いです
Fragment cysterny przewożącej materiały niebezpieczne危険物の国際輸送に関する規則:
*航空輸送に関する規則はシカゴ条約の第18付属書とそれを補足するICAO(国際民間航空機関)による「危険物の航空安全輸送に係る技術指針」に基づいた、IATA(国際航空運送協会)のDangerous Googs Regulationsという規則書に含まれています。
*陸上輸送に関する規則はUNECE(国連経済社会理事会欧州経済委員会)によるADR(道路での危険物の国際輸送に関する欧州協定)に含まれています。
危険物は、その危険性を基準として、様々なクラスとサブクラスに分類されています。それを元に、それぞれの運送手段のために、各種類の物質の詳細なリストが作成され、それによって各物質が該当するクラスとサブクラス、そしてその物質やその物質を含む品物を航空貨物または陸上貨物としてお預かりできるかどうかということと、満たさなければいけない条件が分かります。そのうえ、国連のシステム(UN番号)を使用することによって、諸国の輸送手段間の適合性が確保されるため、運送の中間段階でお荷物の再検査やリパックをせずに、2カ国以上を通ることができます。

更に、適切な梱包材と梱包方法を使用することによって航空輸送と陸上輸送にて危険物の安全性の確保を目的とする、梱包と梱包のガイドラインに関する一般的な要求事項もそれぞれの運送手段に対して作成されました。梱包に関する要求事項はほぼ全ての場合に有効です。梱包のガイドラインは主に国連の認定を受けている梱包材の使用を要求しているが、そんな必要がない場合もあります。例えば、限られた量(Limited Quantity)の危険物の輸送の場合です。1つのお荷物の内部容器に入れることができる物質の量は厳密に特定されています。そんな制限の目的とは、危険物が及ぼす危険性を最小限にして、事故が発生した場合に人間が重傷を負うことや他の大きな被害を避けることです。

梱包した後、危険物が入っているお荷物にUN番号など重要な情報を含める目印を付け、全ての可能な危険を表示するラベルを貼らなければなりません。添付書類を読まなくても、危険物のお荷物を識別し、可能な危険性に関する警告を受けることができるためです。

それぞれの荷物の内容物について単独的に確認することができるために必要な、危険物に関する詳細な情報を提供するために、殆どのお荷物に危険物輸送書類が付加されます。

安全性
危険物輸送の安全性を確保ために、適切な対策を講じる必要があります。それに関する規則と手順は以下の要素を含む:

  • 危険物の適切な分類(所属のクラス・サブクラスの特定;
  • 禁止された品物が輸送されていないことの確認(例外が認められた場合でない限り;
  • 特定の要求事項を満たす梱包材を使用することと容器の品物の制限が守られていることの確認;
  • 危険物輸送に関する責任を負う従業員に定期的に義務的で、法規に適合した教育訓練を行うこと;
  • 危険物を正しく申告すること;

危険物に関する教育訓練は「危険物の航空安全輸送に係る技術指針」とADR(道路での危険物の国際輸送に関する欧州協定)に示された考え方と要求事項を理解する上で重要な役割を果たします。
弊社の専門化チームは定期的に法規の修正された点や目印に関して教育訓練を受けるだけでなく、持っている免許や資格を更新します。

しかしながら、危険物輸送では発送者側の責任も大きいです。航空輸送の場合はIATAのDGRの1.3によると、発送者は以下の義務などがあります:

  • 航空で危険物を発送する際に、ICAOのTIマニュアルの勧告に厳密に従うこと、
  • 発送先の国、通過の国、そして届け先の国、それぞれの法律に従うこと、
  • 発送しようとする危険物は航空輸送において禁止されていないことの確認、
  • 発送しようとする品物や物質は正しく識別され、分類され、梱包され、目印を付けられ、ICAOのTIマニュアルに適合したラベルと書類が付加されていることの確認、
  • •発送の準備に携わる全ての責任者が適切な教育訓練を受けていて、危険物の航空輸送に伴う責任を負うことができることの確認。前述の要求を満たすスタッフがない場合、発送者は代理として輸送準備の全ての責任を負うために第三者(個人/会社)を雇うことができます。そんな代理者は適切な教育訓練を受けていなければなりません。

ADR協定の1.4.2.1による、道路での危険物の国際輸送における発送者側の義務:
危険物の発送者は、以下の要求事項をはじめ、ADRの要求事項を満たす荷物のみを発送することを認められます:

  • 発送しようとする危険物はADRに従って分類され、その輸送が認められていることの確認;
  • 輸送業者に、証明できる形の情報とデータ、そして必要であれば、要求されている輸送書類と添付書類(許可書、認可書、告知書、証明書等々)を供給すること;
  • 発送しようとする危険物の輸送に適切であると認められ、ADRに要求されている目印のある容器・IBC容器・タンク(タンクローリー、脱着式タンク、ガス容器を並べたバッテリービークル、MEGC、ポータブルタンク、タンクコンテナ) のみを使用すること;
  • 発送の方法とその制限に関する要求事項に従うこと。

危険物の分類

特定の危険物の輸送に関する要求事項を満たすためには、その危険物が発送者によって正しく分類されることが必要です。

危険物の分類に間違いがある場合は、梱包・目印・荷積み・情報が正しくないことに繋がる恐れがあります。

危険物はどんな場合に危ないでしょうか?

危険物が最も危険を及ぼすのは、容器から出た場合及び/または他の物質と接触し、反応する場合です。

危険な化学反応の例:
  • 酸(電解質など)と塩基(苛性ソーダなど)は飛行機の材料である軽金属と反応します;
  • 可燃性ガス (エーロゾルやLPGボンベのガスなど) は空気と反応すれば爆発性の混合物になる恐れがあります;
  • 酸素は油脂と反応し、自然発火火災の危険をもたらします。
クラスとサブクラス危険性の分類

1

爆発物

1.1

大量爆発の危険性がある爆発物

1.2

大量爆発の危険性がないが、飛散の危険性がある爆発物

1.3

火災の危険性若しくは弱い飛散の危険性又はその両方の危険性がある爆発物

1.4

重大な危険性がない爆発物

1.5

大量爆発の危険性はあるが、非常に鈍感な爆発物

1.6

極めて鈍感で、大量爆発の危険性がない爆発物
klasa 1

2

ガス

2.1

可燃性ガス

2.2

非可燃性・非毒性ガス

2.3

有毒ガス
Klasa 2

3

引火性液体
3

4

可燃性固体, 自然発火性物質及び水と接して可燃性ガスを発生する物質

4.1

可燃性固体; 自己反応性物質及び鈍性化爆発物(固体)

4.2

自然発火性物質

4.3

水と接して可燃性ガスを発生する物質
4

5

酸化性物質及び有機過酸化物

5.1

酸化性物質

5.2

有機過酸化物
5

6

毒物質及び感染性物質

6.1

毒物質

6.2

感染性物質
6

7

放射性物質
7

8

腐食性物質
8

9

その他の危険な物質及び物品
9